労働 Labor

パワハラ・セクハラ

 職場のパワーハラスメント(パワハラ)とは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位な立場を利用して、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりする行為を言います。また、セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは、労働者の意に反する性的言動が行われ、それを拒否・抵抗することにより、解雇、降格、減給等の不利益を被ったり、性的な言動によって職場の環境が不快なものとなったため、労働者の能力の発揮に重大な悪影響が生じることを言います。

 パワハラやセクハラがあった場合には、その行為をした個人のみならず、会社もその責任を負わなければならない場合があります。

 会社が責任を負うことになるかどうかについては、具体的かつ様々な事情を法的観点から十分に検討することが必要となります。当事務所では、労働者側、会社側を問わず、問題解決に向け、最適な方法をご提案します。

コラム

人気コラム

ただいま準備中です。